山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)☆

「花いかだ」やすよのガーデニングです。~(*^^*)

冬を彩る庭木。花。と言えば

サザンカとツバキ💮 ツバキ科 ツバキ属の常緑 広葉樹。

パッと見では 区別がつかないけど似ていますね❗

その違いとは⁉️

ポイントを ご紹介します☆

サザンカとツバキの見分ける3つの ポイント💮

童謡の たき火♪ でも歌われているように 生け垣等に 使われるサザンカ☆

秋から 咲き始める。

古くから 美しい花が 観賞され 特に茶花に好まれた他、種から採れる油も様々に使われてきた ツバキ💮

冬に咲く 。 まだ硬い蕾。

どちらも 私たちの暮らしに 馴染みがありますね🎵

1️⃣ 開花時期

2️⃣ 葉の 特徴

3️⃣ 花の咲き方 散り方。

等で 見分けます☺️

開花期は サザンカは 10月頃から遅れて 12月から咲くのがツバキ

秋 咲き始めるのが 「サザンカ」 冬になって 咲くのが「ツバキ」なのですが

種類によっては 咲く時期が 重なっていることもあり まだ 分かりにくい😲

サザンカ
ツバキ

次は葉を 見ていきましょう🎵

葉の形は 良く似ているが 比べるとサザンカの葉は ひと回り小ぶりです❗

次は 花の咲き方を 見ていきましょう🎵

サザンカは 完全に 平たく開いて咲く☆ ツバキは カップ状になることが多い。

パッと見た時に 一番 見分けやすい特徴かしら✨

もう 一つ。 花の散り方ですね❗ そうです。

ツバキの花は そっくり丸ごと「ポトリツ」と落ちます。 サザンカは 花弁がバラバラになって 散ってゆきます。

ただし ツバキの中にはサザンカのように別れて散るのもありますが……。

いかがでしたかd=(^o^)=b

この他には

サザンカの花は 香りが有るが ツバキには香りの有る品種が少ないそうですよ😆

サザンカ
ツバキ

このような違いが有りますが どちらも 日本に自生し 長く 愛されてきた花木。日本の気候風土の中で 育て易く 冬の花として ガーデナーにとって 嬉しい 樹木ですね⤴️

ロウバイの花。

ロウバイの花が 一輪 二輪 咲き始めるました🎵

今年の一年は 世界中の人びとが 未曾有の出来事が起こり、震撼の年に生きた心地がしませんでした😱

この 情報の中で 政府は 国民と一体になり 不安な国民に寄り添い 何とか コロナ収束のめどを掴み 令和3年を良き年に導いて下さるよう お願いするのみです❗

秩父の山の神々様に 心よりお祈りし 新年を迎えたいと思います‼️

それでも 新しい 年が やってくる⤴️

6月から ブログデビューを初めて 私の庭をご覧頂きまして ありがとうございました☺️ 新しい年もよろしくお願いいたします☺️

暮れに庭の花を集めて 私のつくばいで今年は さようなら👋

では「花いかだ」やすよのガーデニングで また お会いしましょう💮

おもとの赤い実 つきました☺️

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

凍えそうな 寒い 一日になりました😢 そんな朝。光に当たり ホワッとあったたかそう~。

赤い実をつけた おもと☆

おもと は一年中 緑の葉を繁らせていることから 庭に植えると「災難を防ぎ」「家が万年 栄える」と言われています。

「開運のシンボル✨」おもと。

花言葉は 「長寿」「長命」

濃い緑の葉に 包まれるようにして赤い実がなる様子は 母親が子供を抱き抱えて慈しむ姿と重なることから「母性の愛」という 花言葉も あります。

実は 私も 嫁いで来た時 母から 庭に「おもとを 植えるように」「災難を 守ってくれるよ」と一株 もらって 植えたものです💮

今は 庭の ところどころに 株が増えています\(^.^)/

うふふ😃 何となく 家を守ってくれるような 不思議な気がしています🎵

母は 3年前 94歳で他界しましたが その母を 忍びながら おもと と話しています😉

「母さん 赤い実がついたよ」

「今年は 雨が少ない為か 枯れ葉が多いよ」と。

私は 若かったから 何となく ただこの緑の葉と赤い実が気に入り 植えたのですが………。

今頃になって 尚更 母が恋しく 懐かしく 思い出されます❤️

前回の投稿で 松の剪定を 紹介しましたが 実は この 黒松は やはり亡き父の 思い出の松なんです✨ 父が新しい住みかに 格好つけようと 植えてくれました🎵 主人が 見よう見まねで 毎年 剪定、手入れをしてきました🎵

この松の木の元には 玉紫陽花が憩う場所になっています♪ヽ(´▽`)/

この 年頃になりますと 木にも花にも 居場所があり 風雨に耐え 懸命に頑張っているように思え 心を寄せています🎵

ツワブキ☆

木も花も 私の中に 癒してくれる思い出が 沢山あります🎵

ツワブキ✨ そう あの食べられる美味しいフキに似た 少し あつめの濃い緑のツワブキ💮

海沿いの崖の斜面や林の淵に見られる常緑の多年草。葉は革質で 艶があり 丸くて 直結20センチにもなります。

食べられると言いますが 私はまだ食べたことはないわ👌

これも 25年前、友人達と網代温泉の旅に😚

日陰に咲いていた 黄色の菊のような花と緑色の葉に魅せられ かのちから 小さなひと鉢を買い求め 大事に持ちかえったものです😁なかなか 成長しなかったのですが 何度か花も咲きました🎵今 写真のように株が大きくなりましたので 優雅な花を咲かしてくれる⁉️と心待ちにしています🎵

錦木の下のツワブキ☆

これからも お花が大好きな親友と

万年 「花の幸」を 求めて 細やか

な 人生を 送りたいわ~うふふ😉

葉ボタンとパンジーの寄せ植え☆

庭が 明るくなりました🎵

では「やすよのガーデニング」でまた お会いしましょう💮

庭木の 剪定とは🍀

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

中国から始まった とてつもない コロナ感染。あっという間に12月~ またしても感染拡大で 人々を 悩まし続け 生命の危険も。 少しでも早く、終息を 祈るばかりですが~ ここは油断せずに 1人 ひとりが注視することが 拡大防止に つながって行くのでしょうね🙋

ところで 遅ればせながら 庭木の剪定⁉️ 難しい😲

私は 四季を通じて あの手、この手と 思案の連続ですが………………。 それも 植物と向き合っている時は楽しいものです(((o(*゚∀゚*)o)))

11月、12月にかけて キンモクきセイ もみじ 錦木 板やカエデ 土佐みずき 松等の剪定をしました☺️

キンモクセイが 太い幹が枯れていて ノコギリで切り 混んでいた重なった枝を おろぬき 飛び出てる枝も木の形にあわせて丸く切りました🌿

山もみじ

庭木の剪定、手入れの中に 6つの利点✨

1️⃣全体のバランスを揃えて見た目を 美しく。 2️⃣不要な枝を落とすことにより 木が栄養を 効率良く 吸い上げる。 3️⃣古い枝を落とすことにより 新しい枝に更新する。 4️⃣風とうしを良くして 病害虫の繁殖を予防 日射しがあたるようにする。 5️⃣病気になった枝などを見つけ、木の健康、美観を保つ。 6️⃣花つき、実つきを良くする。

ふむ ふむ 改めて考えると やはり 初心にかえって見るのもよいですね👌

土佐みずき。
錦木。

まあ だいたい 剪定時期、やり方がが 少し 違いますが 目的は 同じ。

しかし 花つき 実つきを良くすることは その木の特徴を生かしてあげる事なのかも知れません❗ そう 考えるとやはり難しい🤔

百日紅。

私は 本片手に 今はスマホで調べたり そんな時を大事に過ごすことも無駄ではないと思います(⌒‐⌒)

「えっ あなたは キンモクセイは どんなふうに剪定するの?」と親友に聞いたり 新しい発見もあり 自分で 思うように 剪定が出来たりすると 無類の幸せを感じます😉

今回は 失敗も~後悔先に立たず😭

春。紅色に咲き誇り 部屋の窓から堪能でき 見た人に 余韻を残す 「ときわ まんさく」の木 。 勘違いして 強い剪定をしてしまいました😢丸く シンボリツリーにしたくて…………………。来年 あまり咲かないかも知れないわ‼️ この木は花の咲いた後に 剪定でした(´・c_・`)

ロウバイの蕾。

気を取り直して ロウバイが 沢山の実をつけていますね。蕾が膨らんで 今にも咲きそう☆☆☆

そういえば 昨年 ロウバイには 栄養を施したわ👌 応えてくれますね。今年は葉も 黄色に紅葉して花のように 綺麗✨寒い冬に楽しみな花です。

黒松

松だけは 私には 剪定 無理です😃

いつも 主人が 昔とったきねづかかしら? 幹に日射しか当たり 嬉しそうに見えます。やはり 剪定の6ヶ条ですね((o(^∇^)o))

それでは 拙い 剪定談義で すみません(^○^) 深紅の色合いが 12月の庭に映えてます。さざんか さざんか 咲いた道♪ヽ(´▽`)/

さざんかの花 お届けします🎵

では 「やすよのガーデニング」でまた お会いしましょう💮

うふふ。2回めの もみじ談義しましょう⁉️

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

こんにちは🍁また もみじ談義でーす。(^o^)v

プロの方も 見ための区別が難しいとされている 山もみじとイロハモミジ🍁の見分け方~!

「まず、自生種の 分布地域がはっきり 分かれます」

山もみじ🍁 本州の日本海側。

イロハモミジ🍁 本州(福島以南) 四国 九州。

おおもみじ🍁 日本全国に分布。

山もみじ🍁の葉のほうが イロハモミジ🍁より 葉が 少し大きい!!

☆それぞれの もみじの花にも違いがあって イロハモミジだけは葉の上に咲き、 他のもみじは 葉の下にぶらさがって 咲いて 種をとるようです‼️

花が咲く時 区別出来るんですね~

なるほど\(^^)/ 山もみじの花は 5月~6月に咲きます。とっても 可愛らしい🍂

来年 花が咲きましたら また もみじ談義したいですね🙋

しかし 花たちは秋の色づく葉と比べて あまり 目立ちません。

ほぼ、花は観賞することはなく 多くの人が 秋の鮮やかな、もみじ🍁の「緑、 黄、赤」色を観賞します。

もみじの赤、銀杏の黄色、ウドの葉。

この事が 花言葉にも 表れていますね!

もみじの💮花言葉は

「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」等ですが

年に 一度しか見られない\(^^)/秋の美しい真っ赤な景色を 楽しむ為に 旅行に行く方も多い‼️ この事から 「大切な思い出」と。

緑から黄色 赤 オレンジに変化する この事から 「美しい変化」と。

春に咲く花には注目されない 遠慮がちな 存在と言う事から 遠慮と。

花言葉で 遊びましたね。

いたや楓🍁
山もみじ🍁

ちなみに 次は カエデともみじの違いは?

実は カエデともみじは植物学上 同じ植物とされており、明解な区別は ありません。

ただし 業界では葉の切れ込みが深く 切れ込みの数が 5つ以上あるものを🍁もみじ。

切れ込みが浅く、数が少ないものをカエデと呼ぶ。

ううーうん。学びの窓ですね。👌

山もみじの葉🌿

もう少し お付き合いのほどを、 私の庭のいたや楓🍁 今年も色づくしで 愉しませていただきました。

その いたや楓🍁の 剪定はいつ?

冬に します☆

私の剪定は間違っていなかったと 「ホッと」しています(^。^)y-~

暑い 夏の日差しから 遮ってくれる緑の大きな葉を眺め、 リフレッシュ🍀

そして この「いたや楓」を見たくて~ 秋が来て~ 。 心身とも 喜ぶ 私が いる✨

いたや楓🍁を水に浮かべて🎵

この時期 もみじ🍁を 満喫しながら庭に出て 紅葉と共に 日焼けします(笑)

そんなわけで 葉がついているうちは 蜂がいるかもしれません😲

紅葉が終わり 葉が落ちると枝が良くわかるようになったら その時が剪定の時、チャンス!!

2月は樹液がポタッと落ちます。

冬眠する1月までの 冬 剪定✋ おすすめと私は 思います💮

では 「やすよのガーデニング」で また お会いしましょう(^○^)

もみじ 談義しましょう!?etctr・・・

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

今年も 私の庭では 先ず 玄関先のもみじ🍁から 色づき始め、その10日過ぎると 西側のもみじ🍁が それはそれは 真っ赤に 見事に 染まります。

玄関先のもみじ 🍁。
西側のもみじ🍁。

今年も 充分に 愉しめた紅葉☆

ただ もみじ🍁の種類、区別 いまだに 良くわかりません😊

いろはもみじ🍁、おおもみじ🍁、山もみじ🍁の 区別 なかなか難しい。

山もみじ🍁 ムクロジ科 カエデ属 の落葉高木。「イロハモミジ」よりも 一まわり 葉が大きく 自生するものは 本州の日本海側に多いようです。 庭木としても 良く使われ 普段 街中でみられるのが 山もみじ🍁だそうです。🎶 秋のゆう日に 照る山もみじ……🎶の 「山もみじ」で 懐かしい情景が浮かんで来ます。

庭の 山もみじ🍁

山もみじ🍁は 日本生まれで 情緒満点。

イロハモミジ🍁は 日本の秋と紅葉を象徴する樹木。

サトウカエデ🍁はカナダの国旗にデザインされた あの葉っぱ。

公園等で 見かける 三角の形で真っ赤に染まる 唐カエデ☆

日本で もっとも 葉が大きい いたや楓🍁

どうだんつつじもとても綺麗に紅葉。

いたや楓は どうだんつつじが 紅葉のころ 色づき始めます😊

見事な いたや楓🍁の紅葉☆

2月 泣きいたや☆

山形県 金山町の奥の 小さな集落。杉沢地区では 雪解け前に「いたや楓🍁」に 傷をつけると 涙のように 樹液を垂らことから「2月 泣き いたや」の言葉が伝えられている。(旧暦 の2月) 樹液の液は わずか 一秒間に 1滴。

しかも 朝から 満月での 間だけ~

「泣く」と 言われています……………

ポタポタと 1滴ずつしか出ない樹液は 本当に 涙 のようですね🍂

気が とおくなりそうです☆

気を取り直して 庭のもみじ🍁

山の中 に燃えるような もみじ🍁もいいわね💮

けれど 私の庭の もう 一本の「ノムラモミジ」 庭にひっそりと 景色を 彩ってくれる 味わい深い 心にしみるものが有ります☺️

窓から 毎日見える 庭の景色。この ノムラモミジ は 生活の一部かしら🍁 残念ながら撮影が 遅すぎました😉 また 来年 お見せいたします🎵

庭の ノムラモミジ☆

お付き合い ありがとうございました😉

ではまた

「やすよのガーデニング」で お会いしましょう💮

今年の最後の最後の紅葉?!

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

こんにちは☀️ このところ 紅葉ばかりですみません😆

毎日 紅葉を見て 過ごしていますので❗ (笑)

もみじ、にしきぎ、 どうざんつつじの紅葉。

「失敗です」 やっと 咲いた パイナップルセージの花(*_*) 早めに挿し木にしたのですが 少し 遅かったようです😁(雨と気温が低かっ為?)

パイナップルセージの花。

本来なら この赤い花と緑の葉のパイナップルセージが 相 入れて 私の秋の庭が いっぱいに なるのですが~☆ 今年は 苗が成長せず 沢山 花が咲きまん😢「残念だわ😵」 また 来年 挑戦したいわ👌 しかしながら 毎年 同じような 花模様にはなりませんね😁 宿根草の花たちは それぞれに 自分の持ちあじで 庭を色採ります💮 それはそれで 楽しみたいものです❗

見事な色採り。いたや楓☆

メープルのもと いたや楓。今年も 綺麗に紅葉。秋 秋 秋……。

それと 今年は アケビのの実も沢山 収穫出来ました(^-^)v 可愛い 赤ちゃんから実が開くまで 自然って 凄い‼️ そして アケビの効用も凄い‼️

若さを保つ コラーゲンの生成を助けるビタミンCが豊富☆アントシアニン、カリウムも豊富☆

来年も 沢山実をつけますように……と願い、枯れた枝をとったり、つるの誘因作業をしたり。 この時期は忙しい⤴️

玉ねぎの苗を植える☆

先週は 玉ねぎを植える☆

3週間前にクド石灰を撒き、土をアルカリに~*

ミニ耕運機で耕し、畑の土をならし、家族皆で 玉ねぎの苗を植える☆ 昔ながらのやり方で 柵をきり、苗の間隔は 20センチ程に 苗を置き、白いところがみえないように土をかぶせる。最後に 水をたっぷりかける☆ 終了😊☀️

さて さて また 甘い玉ねぎ 食べられますね😉収穫は来年 5月過ぎ☆

この時期 まだまだ 忙しい 屋外の作業が有ります☺️

来年3月に じゃがいもを作る為に 落葉樹の枯れ葉等を 畑に敷き込み 耕運機で 耕して、土をふかふかにやわらかくして 準備しておきます😉 これも良い作物を収穫できる為の作業ですよ🍂

これも 私のこの時期の作業です❗

一つの作業が終わり ホッと 胸を撫で下ろし 満足感 いっぱいに なります\(^^)/

では 秩父 横瀬の 「やすよのガーデニング」で また お会いしましょう💮

今日の つくばい☆

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

庭の 色づく葉っぱたち。つくばいに浮かべて🎵

四季を通じて いろいろな顔をみせてくれる☆

どうざんつつじの紅葉☆

さらさらと吹く風に 秋の風情が 五感を 横切る☆

朝夕の気温に バッサリ と 色あせて落ちて行く☆

「本当は もっと 木に とどまりたいのに」 と 草木の声が 聞こえる☆

さてさて 私の葉もの作りも 順調ですよ(^-^)v

小松菜/
ルッコラ/

今年は 畝作りも 私なりに 上手に出来ました😉

小松菜は 後 10日程で 収穫~。

ルッコラは 大きい葉を 時々抜いてサラダに~。

自分で タネを蒔き 畝づくり。収穫した葉ものを ひと口、食卓にのせるって 大変な事😅

だけど 楽しい😃🎵

では 秩父 横瀬の 「やすよのガーデニング」で また お会いしましょう💮

「真弓」の木。種が はじけました☆

今朝の にしきぎの紅葉☆

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

「真弓」が属するにしきぎ科の「にしきぎ」は 錦のような紅葉の美しさから にしきぎと名付けられました💮

その仲間の「真弓」も オレンジ色の紅葉。とても 美しい落葉低木です🍂 そして 美しいのが この朱色がかった 赤色の四角い果実で 熟すと 中から 紅オレンジ色の 仮種皮に 覆われた タネ が現れます🎵

「真弓」が はじけたよ😲

特と ご覧ください☀️

この「真弓」 まゆみは 古くは この木で 「弓」を作ったことから こう 呼ばれるそうです😁

木の質は 微密で 粘りがある😲

現在では 将棋の駒などの材料としても 利用されると言う💮

暑さ 寒さに強く 育てやすい花木☆ 春は 可愛らしい 白い小花が咲く☆

実は 私が 2年前 強い剪定をした為 沢山の実がつきません「えへっ」(σ*´∀`)

花言葉は いくつか有りますが 「真心」 私は 気にいっています。

いつも 私の人生に「真心」を持って 頑張っています☺️ うふふ🍀

庭の紅葉を 集めて🎵

食べられないけど こんな一時 大好き🍀😌🍀

葉を つくばいに☆
どうざんつつじ☆
もみじ

この時季 毎朝 庭にいる時間が 長くなります🎵

では 秩父横瀬の 「やすよのガーデニング」で また お会いしましょう💮

秋 深し 私の庭よ✨

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

前回 投稿の「ニシキギのお話し」より~ まだ日が浅いのに 朝晩の冷え込みで ニシキギの様子が 刻一刻と変わる~。

ニシキギの紅葉☆

人間って 欲張りですね😅 もっと もっと 赤くなれと期待してしまいますが………… この辺で ニシキギさんよ 「素敵よ✨ 今年も きれいに 紅葉してありがとう💮」と 褒めて差し上げたいわ😉

私の庭が 紅葉に‼️

北側の まゆみの木が 可愛く 紅葉☆ 重なる いたで楓の葉も キレイ☀️

ふうち草も☆
ミョウガの葉も☆
もみじも☆
緑の葉のロウバイが色添えて☆
のこんぎくの紫 映える☆
繊細なしのぶの紅葉☆
名残惜しむ シュウメイ菊を活ける☆

さて 私の庭に お付き合いしてご覧いただき 嬉しいわ💮

二回目の小松菜の間引き出来ました😉 楽しい紅葉を 楽しんだ後は 今夜の料理に 色を添えて/地味な 食卓に/ お粗末でした😉

では 秩父 横瀬の 「やすよのガーデニング」で また

お会いしましょう💮

ニシキギのお話し☆

【花いかだ】やすよのガーデニングです。~(*^_^*)

「花言葉」 「あなたの魅力を心に刻む」 秋の紅葉の美しさ 実が裂けて顔を出す 赤橙色の種子の可愛らしさから来ているのでしょうか? それとも 赤い枝の表皮から発生して 枝に沿って 板状に 細長く伸びたコルク質の 風変わりな翼から来ているのでしょうか?

真っ赤に 紅葉する美しさが 最高に魅力的ですね✨

色づき始めたニシキギ☆

お花大好きな親友と 花談義するのが楽しみ⤴️なんですが 親友の家のニシキギは 紅葉しないと言う😒 葉だけ切ってしまい 赤い実だけ見ると言う😲その実も 小鳥さんに 食べられてしまい 赤く実がなるものは 要注意なんですって⁉️

ニシキギは 昔は晩秋に 美しく紅葉していましたが 昨今では 夏が暑くなって 秋の紅葉が遅れるようになり 初冬に入って 真っ赤になり 散ってゆきます。 世に 連れるですね‼️

ニシキギの 剪定は 落葉期に🍀 重なった枝を元から間引くように行う❗(12月から翌年3月中旬) ただし 込みいった枝を時々、間引いてあげるくらいで 放置しても勝手に 綺麗に形がまとまってくれる木💮

毎年。私の庭のニシキギの紅葉を見に来て下さる方がいます💮毎年楽しみで⤴️と 褒めて頂くと 自分の楽しみなんて何のその 「さーて もう少し 頑張って 手入れをしようか」と 奮起してしまいます☺️

そう言えば 毎年 春から秋まで 私の山野草(羅生門かずら、山吹草)等珍しいからとお越しになるカメラマン伸びた方 どうしたかしら⁉️ このコロナ渦でお会いできませんでした😒どうぞ お元気で☺️

ふうちそう☆

ニシキギの下のふうちそうも これから黄色に色づきます🎵

もみじ☆め

もみじはまだ これからですね☀️

お楽しみに💮

では 秩父 横瀬の 「やすよのガーデニング」で また お会いしましょう💮